信頼の作り方

信頼する、信頼される
難しいようでコレ簡単
シンプルにまとめると
「約束を守る」
ということに限ると私は思う

信頼をなくすというのは
約束を守らないから始まり
結果、「ウソをついた」ことになる
相手は「裏切られた」と感じさせた瞬間
「あの人はもう信じられない・・・」
となってしまいます

~約束を守れないかもしれない!という出来事が起こりそうな時~
そこが信頼が保たれるか壊れるかの分岐点!
「ごめん!少し△△が遅れるの・・・」

bd79e971e2f6d97dff1cd562ee57193a_s

と少々恥じをかき、お詫びを相手に伝えると
かいた恥に対して人は寛容になり
「別に大丈夫だよ~。そこまで気にしなくたって」

それを自分の戦法として取り入れているのが
詐欺師と言われる(または思われる)人
愛想がよく、実にマメ
なにかにつけて
約束を破る理由を探してはキチンと伝えてくる
うわっつらの関係を保つため、信頼させるために
実に簡単に頭をさげ、美しい言葉を吐く
もしくは涙ぐんだり、もういいからというまで詫びる
恥なんてこれっぽっちもないから
簡単に演技ができる
信頼を得ないと真の目的を達成できないんだから
恥とか「ヘ」とも思わずに
そりゃーがんばる、がんばる

「相手に詫びる」というのは
恥ずかしかったり、申し訳なかったり
色んな感情がうずまきますが
そこを勇気を出して
相手に自分の状況を伝えると
信頼をなくすってことはないと思うんだけどな

信頼を獲るには時間がかかるけど
信頼を失うのは一瞬
体重と一緒だね!
ダイエットは時間がかかるけど
デブるのは一瞬

あれ?体重は私だけかいな?
ただいま絶賛ダイエット中です
(2月下旬まで)

 

よろしかったらポチお願いします


人気ブログランキングへ

広島ブログ

タイトルとURLをコピーしました